忍者ブログ
本ブログでは、工場や工事現場などで最近起きた事故、あるいは過去に起きた事故のフォロー報道などの情報を提供しています。それは、そういった情報が皆さんの職場の安全を考える上でのヒントにでもなればと考えているからであり、また、明日は我が身と気を引き締めることで事故防止が図れるかもしれないと思っているからです。
 ブログ内検索 
キーワードに合致した記事を検索できます
 記事掲載日表示カレンダー 
緑色表示されている年月日をクリックすれば、その日に掲載した記事が表示されます(2011年3月以前の記事は転載日)
08 2014/09 10
S M T W T F S
3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 最新記事 
(09/02)
(09/01)
(09/01)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/29)
(08/29)
(08/28)
(08/28)
(08/27)
(08/27)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/25)
(08/25)
(08/25)
(08/24)
(08/24)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

2014828日付で朝日新聞山口東版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

周防大島町小松の一本松川の橋で25日午後2時45分ごろ、同町職員の男性(35)が倒れてきたクレーン車と橋のガードレールの間に挟まれ、27日死亡した。

死因は、首を圧迫されたことによる低酸素脳症。

 

現場では来月の防災訓練の準備中で、男性も準備にあたっていた。

クレーン車は、土のうをつり下ろす作業中だったという。

 

 

 

 

拍手[0回]

PR

201481日付の山形新聞紙面に、下記趣旨の記事が掲載されていた。

 

31日午前5時40分ごろ、鶴岡市外内島の和菓子製造販売会社の工場で、社長の男性(58)が和菓子の生地を作る蒸練機に左手を巻き込まれ、左手首を切断する大けがをした。

 

警察によると、蒸練機はドラム式で、内部の撹拌羽根が回転して生地を練る仕組み。

男性は一人で作業中、上部にある材料投入口から手を入れたところ、羽根に巻き込まれた。

男性が自力で119番通報した。

 

 

 

 

拍手[0回]

2014822日付で朝日新聞東京都心版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

821日付で東京都水道局HPにも、同趣旨の記事が掲載されていた。

 

21日午前9時20分ごろ、中野区上高田5丁目の東京水道局発注の配水小管布設替工事現場で、作業をしていた会社員の男性(38)がパワーショベルと電柱の間に体を挟まれ、心肺停止状態で病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 

警察によると、当時、舗装本復旧工事に先立つ舗装こわし作業で、別の作業員がショベルで道路のアスファルトを掘り返す作業をしていた。

ショベルが回転した際、近くにいた男性が機体と電柱に挟まれたという。

 

出典URL

https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h26/press140821-1.html

 

 

 

 

拍手[0回]

20148202112分にNHK金沢から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

去年12月、機械製造会社の工場で38歳の男性従業員が、レーザーを加工する機械に頭を挟まれ、意識不明の重体となる事故が起き、金沢労基署は20日、工場を運営する有限会社と代表取締役の男性を、危険を防ぐ措置を講じていなかったとして、労安法違反の疑いで書類送検した。
書類送検されたのは、工場を運営する川北町の有限会社東栄工業と会社の代表取締役の50代の男性。


同署によると、去年12月、白山市出合町の機械製造工場で、38歳の男性作業員がレーザーで鉄板を焼いて部品を作る機械の中に入り部品を探していたところ、別の従業員が中に人がいることに気づかず機械を作動させ、男性従業員が機械と材料を載せる台に頭を挟まれ、頭蓋骨骨折などで現在も意識不明の重体となっている。


同署によると、工場を運営する会社は事故当時、機械の作動を知らせる合図を定めておらず、運転禁止の表示板を取り付けるなどの安全対策も行っていなかったという。

 

出典URL

http://www.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3023950351.html?t=1408571987293

 

 

 

 

拍手[0回]

20148111049分に中日新聞から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

8101856分に時事ドットコムから、812日付で朝日新聞名古屋版(聞蔵)からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

10日午前11時15分ごろ、愛知県碧南市玉津浦町のトヨタ自動車衣浦工場で、クレーンワイヤでつり上げられた機械の鉄製の扉(約300kg)が落下し、真下で補修作業をしていた下請け工事会社社長の男性(51)が頭を挟まれた。

男性は病院に搬送されたが、脳挫傷で約1時間後に死亡が確認された。


警察によると、扉をつるしていた1本のワイヤが切れていた。

補助ワイヤは使用しておらず、男性は70~80cmの高さにつり上げられた上下に開く機械の扉の下に潜り込み、あおむけに寝て扉の縁の防じんゴム(パッキン)を取り換える作業をしていた。

クレーンを操作していた男性の部下にけがはなかった。

 

工場は盆休みで操業しておらず、機械のメンテナンスが行われていた。

出典URL

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014081190104923.html

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014081000112

 

 

 

 

拍手[0回]

2014852331分に朝日新聞から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

5日午後8時30分ごろ、青森県弘前市北瓦ケ町の路上で、弘前ねぷたまつりの運行直前の大型ねぷたに参加者の男性(49)が頭を挟まれ、死亡した。


消防などによると、ねぷた内には、ねぷたを上下させる電動式の昇降機がついており、中にいた男性は降りてきた昇降機に頭を挟まれた。

男性は、ねぷたを引っ張る役割だったという。


市観光政策課によると、事故を受け、祭りは途中で中止になった。


今年の弘前ねぷたまつりは1日に開幕し、7日までの予定。ねぷた82台が参加している。

 

出典URL
http://www.asahi.com/articles/ASG857JF4G85UBNB00Y.html

 

 

87日付で読売新聞青森版からは、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

合同運行の出発準備をしていた扇ねぷた(高さ7.7m、幅7.1m)の中で、男性が挟まれた。

 

市などによると、ねぷたは台車の上に鏡絵を描いた扇を載せ、街中を練り歩く。

電線の下をくぐる時などに扇が上下して伸縮する。

今回は何らかの原因で昇降機が上下した際、骨組みの鉄骨に挟まれたとみられる。

 

このねぷたは3日の合同運行の際、解散場所近くで昇降機の不具合が起き、約30分立ち往生。後続ねぷたが渋滞し主催者は「他団体に迷惑をかけないように」と注意した。

このねぷた団体は5日、主催者側に「不具合は直った」と答えていた。

 

運行の改善点について、参加団体側からは「骨組みの知識をもたずに運行すると事故になる」「町内運行を山車の点検と訓練に充ててから合同運行に臨んでいる」などの意見が出た。

 

参加団体協議会の会長は「安全のために、昇降機などは熟練者がきちんと扱うようにしなければならない」と話した。

 

出典URL

http://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20140806-OYTNT50543.html?from=ycont_top_txt

 

 

862322分に毎日新聞からは、下記趣旨の記事が写真付きでネット配信されていた。

 

事故の直前、誰かが「油圧を上げろ」と指示したのを合図に昇降機が動き始めたとみられることが、市の調査で分かった。

警察は、業務上過失致死の疑いで関係者から事情を聴いている。


まつりを主催する市や弘前商工会議所などは6日と7日のまつりを中止した。

市によると、事故による中止は1958年にねぷたの合同運行が始まって以来初めて。

 

主催者と参加団体の会合が6日に開かれ、再発防止のための安全マニュアルを作ることを決めた。


警察などによると、男性が参加するねぷたの昇降機の点検口(45cm四方)から内部に頭を入れていたところ、ねぶたの高さを調節する昇降機が動いて頭部をはさまれた。


まつり関係者によると、事故のあったねぷたは3日夜の運行の際、昇降機の不具合でねぷたの高さを下げられず、電線をくぐれずに約30分立ち往生した。

警察は、死亡事故との関連の有無を調べる。
 


出典URL
http://mainichi.jp/select/news/20140807k0000m040127000c.html

 

 

861941分に共同通信から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

主催団体の一つの弘前市は6日、昇降機の不具合を点検中に誤って機械が作動し、挟まれた可能性があると明らかにした。

昇降機は3日にも不具合があり、直したばかりだったという。

 

市によると、男性は昇降機の油圧ジャッキを点検しようと、ねぷた内部に入って点検口から頭や腕を乗り出し、作業をしていたとみられる。

 

出典URL

http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080601001558.html

 

 

87日付で東奥日報から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

同愛好会のねぷたの高さを調節する昇降機や骨組みは今年更新され、事故2日前の3日夜には昇降機が一時作動しなくなるトラブルが起きていたことが6日、分かった。

 

男性は今年初めて愛好会に参加し、昇降機の操作や点検をほぼ一人で担当していたことも、まつり関係者らの話で分かった。

 

出典URL

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2014/20140807083808.asp

 

 

 

(2014年8月25日 修正1 ;追記)

 

201487日付の東奥日報紙面に、下記趣旨の補足的記事が掲載されていた。

 

昇降機の種類は、油圧式やチェーン式など、さまざま。

今回のねぷたは、昇降機の老朽化に伴い、今年からチェーンで扇を上下させるタイプに更新していた。

同じチェーン式でも、古いタイプのものには、今回のねぷたに設置されていた点検口はない。

ねぷた参加団体協議会の会長は、「2003年にもねぷた内の昇降機で腕を切断する事故があったことから、昇降機そのものの扱いについて、今後の課題として考えないといけない」と話した。

 

拍手[0回]

201486日付で朝日新聞横浜版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

5日午後1時半ごろ、横浜市港南区港南1丁目の工事現場で会社員の女性(55)が作業車2台の間に全身を挟まれ、まもなく死亡した。

 

警察によると、女性は運転してきたコンクリートミキサー車から降り、車の後方に回ったところ、無人の車が後退してきたという。

現場はやや傾斜しており、車止めは置いていたが、何らかの原因で乗り越えたとみられるという。

 

 

 

 

拍手[0回]

201482日付で朝日新聞山口版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

7月31日午後4時すぎ、宇部市小串の宇部興産海運沖の山出荷センターで、ベルトコンベヤーを清掃していた男性社員(48)がダンパーに頭を挟まれた。

男性は、意識不明の重体という。

 

 

 

 

(2014年8月25日 修正1 ;追記)

 

201482日付の山口新聞紙面に、下記趣旨の補足的記事が掲載されていた。

 

警察によると、男性は同センター内でベルトコンベヤーの分岐箇所内を一人で清掃作業中、何らかの原因で切り替え機具に挟まれたらしい。

 

 

 

拍手[0回]

2014727日付で朝日新聞茨城版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

神栖町東和田、旭硝子鹿島工場で27日午後11時ごろ、同社の下請け会社員の男性(38)がベルトコンベヤーに巻き込まれ、ベルトとベルト下部のロールの間に挟まれた。

救急搬送されたが、28日未明に死亡した。

 

警察によると、男性は外壁材を製造する職場の班長。ベルトコンベヤーは原料の搬送用で、一緒に作業をしていた6人は、異状を知らせるブザーで事故に気付いたという。

 

 

2014729日付の茨城新聞紙面にも、同趣旨の記事が掲載されていた。

 

ベルトコンベヤーのベルトとサポートロールと呼ばれる部品の間に体を挟まれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 

警察によると、男性は7人ほどで外壁材の原料を運ぶ作業を行い、事故当時はベルトコンベヤーの点検作業をしていたという。

 

ベルトはゴム製で幅約2m、コンベヤーの長さは5~6mで、枠は鉄製だった。

 

 

 

拍手[0回]

2014726日付で朝日新聞鹿児島全県版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

25日午前10時ごろ、鹿児島市沖の錦江湾で停泊中のクレーン船の甲板上で「作業員が負傷した」と、別の作業員から海保に通報があった。

 

海保によると、深田サルベージ建設(大阪市)の男性作業員(19)が、落下してきた重さ約1トンの滑車と甲板の間に足を挟まれ、右足骨折のけがをした。

クレーン船は、日本最南端の沖ノ鳥島で転覆事故を起こした桟橋の撤去作業中だった。

 

桟橋は、今年3月末、7人が死亡した転覆事故の後、錦江湾に運ばれ、海中に突き出した4本の脚を取り外す作業をしていた。

国交省関東地方整備局によると、この日は製造元のある北九州港に運ぶため、桟橋本体を台船に載せる作業をしていたという。

 

 

 

(2014年8月5日 修正1 ;追記)

 

2014726日付の南日本新聞紙面に、若干ニュアンスの異なる下記趣旨の記事が掲載されていた。

 

大型クレーン台船(全長90m、幅41m、4364トン)甲板上で、作業中の男性(19)が倒れてきた滑車(約1トン)に足をぶつけて骨折した。

海保によると、台船の滑車を積み込んでいた。

 

 

 

 

拍手[0回]

2014724日付で朝日新聞三重全県版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

23日午後0時30分ごろ、四日市市のJSR四日市工場で、男性社員(19)が稼働中の合成ゴムの乾燥機に挟まれたと119番通報があった。

JSRなどによると、男性は約30分後に救出されたが、死亡した。

 

機械は、大型のプロペラがいくつもついており、男性は1人で定期点検をしていたという。

警察が事故原因を調べている。

 

 

 

(2014年8月5日 修正1 ;追記)

 

2014724日付の伊勢新聞紙面に、より詳しい下記趣旨の記事が掲載されていた。

(新情報に合せ、タイトルも修正した)

 

点検作業中に乾燥機(高さ約6m、幅約3m、奥行き約18m)の回転機器に巻き込まれ、約1時間後に病院で死亡した。

 

警察などによると、男性は、タイヤなどの材料となる合成ゴム製造プラントで、午前中から一人で作業していた。乾燥機の点検扉を開けて内部を確認していたところ、何らかの理由で金属製の回転機器に挟まれたという。

 

工場のマニュアルでは、点検時はプラントの稼働を停止すると定めているが、男性は稼働したまま作業していた可能性が高い。

プラントの緊急停止に気付いた同僚が確認し、事故が判明した。

 

 

 

 

拍手[2回]

2013723日付で朝日新聞島根版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

中国電力HPにも、同趣旨の内容が「お知らせ」として掲載されていた。

 

中国電力は22日、島根原発(松江市)2号機の廃棄物処理建屋1階の放射線管理区域で作業をしていた協力会社の男性(22)が、左手の中指切断、薬指骨折、左手挫創などの重傷を負ったと発表した。

この事故による作業員の被ばくや外部への放射能の影響はないという。

 

島根原子力本部によると、作業員は22日朝から、2号機から出た放射性廃棄物の保温材の容量を処理機で小さくする作業をしており、処理機を動かすベルトに巻き込まれたとみられる。

 

出典URL

http://www.energia.co.jp/atom/news/140722-1.html

 

 

 

(ブログ者コメント)

 

中国電力HPの「お知らせ」には現場写真が添付されているが、それを見る限り、ベルトプーリー部やカップリング部といった回転部にはカバーが設置されている。

カバーはベルトの外側だけで内側にはカバーがなく、そこに手が入って・・・ということだったのだろうか?

 

 

 

拍手[0回]

2014712日付で朝日新聞三重全県版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

津労基署は11日、四日市市生桑町の電気設備工事会社「三重電設」と同社の現場責任者の男(37)を労安法違反の疑いで書類送検した。

 

同署によると、現場責任者は3月27日、津市雲出鋼管町の工場でクレーン(高さ9m、幅9m、奥行き12m)を点検中、運転者と点検作業員の間で安全を確認して合図を送らせることを怠り、クレーンを運転させた疑いがある。

 

点検作業員の男性(26)が、可動部に頭を挟まれるなどして死亡した。

 

 

 

(2014年8月4日 修正1 ;追記)

 

2014712日付の伊勢新聞紙面に、やや詳しい下記趣旨の記事が掲載されていた。

 

書類送検容疑は、クレーンを点検していた男性会社員とクレーンの男性運転手との安全確認について、方法を定めずに作業をさせた疑い。容疑を認めている。

 

津労基署によると、同法は点検中のクレーン運転を禁止しているが、運転手と作業者で合図の方法を取り決めている場合は、運転を認めている。

 

しかし、現場責任者は、両方が合図を取り合っていたかを十分に確認していなかった。
運転席からも作業員のいた場所は死角だったという。

 

 

 

 

拍手[0回]

2014710122分に仙台放送から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

711日付で毎日新聞宮城版からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

9日午後、松島町で護岸工事を行っていた40歳の男性がトラックの荷台で作業中に、後にあるハッチゲートと路面を切断するためのロードカッターの間に挟まれ、死亡した。

事故があったのは、松島町手樽にある、震災で被災した堤防などの護岸工事現場。

 

9日午後6時20分ごろ、会社員の男性(40)がトラックの荷台で作業中に、後ろにあるハッチゲートと、ロードカッターと呼ばれる、路面などを切断する機械の間に挟まれた。

この事故で、男性は病院に搬送されたが、およそ1時間20分後に死亡した。

死因は胸部圧迫による窒息死。

 

警察は、男性が作業中に誤ってロードカッターを操作して動いたため挟まれたのではないかとみて、調べを進めている。

 

男性は同4時すぎごろに作業を終え、1人で荷台の点検をしていたとみられる。

トラックが現場に残っているのに気づき確認に来た別の作業員が、男性を発見した。

 

出典URL

http://ox-tv.jp/supernews/p/archive.aspx

http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20140711ddlk04040250000c.html

 

 

 

 

拍手[1回]

2014761622分にNHK神戸から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

神戸市の県立高校で、教師が閉めた校門に女子生徒が挟まれて死亡した事故から6日で24年になり、現地で追悼の催しが開かれた。


24年前の7月6日、神戸市西区の県立神戸高塚高校で、遅刻を防ぐために登校する生徒の指導にあたっていた教師が鉄製の校門を閉め、当時1年生だった女子生徒が挟まれて死亡した。


6日の朝は、生徒の同級生の親や当時の教師など20人あまりが集まり、校門の周りに花を供えた。
そして、事故が起きた8時半になると黙とうして、女子生徒を追悼した。


当時、この学校の教師だった高橋さんは、「女子生徒はおとなしくまじめな印象だった。生徒数が増加していく中で、厳しく管理することが当然のようになり、現場の教師が声を上げても変えることができなかった」と当時をふり返った。


また、同級生の父親の柴垣さんは、「事故を知ったときは、学校でまさかそんなことがと、びっくりした。今でも、いじめなどの問題で、学校が安全な場とは言えずもう一度、どこに問題があったか立ち返って欲しい」と話していた

 

出典URL

http://www.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025628101.html?t=1404679212162

 

 

 

(ブログ者コメント)

 

この事故はブログ者も覚えているが、24年も経った後に追悼が行われようとは、思ってもみなかった。

24というのはキリがよい数字でもないところから考えると、毎年実施?

事故を風化させてはいけないという思いもあってのことかと思い、紹介する。

 

 

 

 

拍手[0回]

2014732116分にmsn産経ニュースwestから、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

74日付で毎日新聞京都版と朝日新聞京都市内版(聞蔵)からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

ゴボウの袋詰め作業中に機械で指を切断したことで心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したのに、国が療養補償給付を支給しなかったのは違法として、京都市内の女性(66)が国などに対し、不支給処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決が3日、京都地裁であった。

 

栂村裁判長は、「一般に死ぬ危険を感じるような傷害でなく、PTSDを患ったとは認められないが、適応障害と認められる」と認定。

そのうえで、「事故後、3年半にわたり断続的にフラッシュバックや恐怖感もあり、日常生活に支障をきたしている。適応障害を発症させるに足りる心理的負荷をもたらすものだった」、「事故以外に適応障害を発症する要因は見当たらない」とし、障害が業務中の事故に起因するものと認め、「ストレスに過剰に反応した」などとする被告側の主張を退け、「処分は違法」と結論づけた。


判決によると、女性は青果物の包装などをする会社に勤務していた平成21年、ゴボウの袋詰め作業中に機械の回転歯に左手の人さし指を挟んで切断され、事故の状況がフラッシュバックしたり、不眠や精神的に不安定になるなどの症状を発症。

京都下労基署に療養補償給付などを2度請求したが、同年11月~22年11月に不支給とする決定を受けた。


厚労省労働基準局は、「判決内容を確認・精査のうえ、関係機関と協議していきたい」としている。

 

出典URL
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140703/waf14070321160028-n1.htm

http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20140704ddlk26040385000c.html

 

 

 

拍手[0回]

201472日付の朝日新聞鹿児島全県版(聞蔵)から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

 

鹿児島労基署は1日、日置市の油脂製造会社「三道食品」と代表取締役(40)を労安法違反の疑いで書類送検した。

豚の脂身を切り刻む機械の原料投入口近くに柵などを設けていなかった転落防止措置義務違反の疑いがある。

 

5月、作業員の男性が足を滑らせて投入口に転落。右足をスクリューに巻き込まれ、ひざ下切断の大けがをした。

 

 

 

拍手[0回]

20146271910分にテレビ山口から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

627日付で山口朝日放送からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

きょう午前9時20分ごろ、山口市徳地三谷の県道で、住宅の浄化槽の清掃をするために駐車していた給水車が動き出し、ブレーキをかけようと運転席に乗り込もうとした会社員の男性(38)が、給水車と石垣との間に挟まれた。

男性は、約2時間後に死亡が確認された。

 

現場は幅5mほどの緩やかな下り坂で、給水車は止めていた場所から15mほど坂を下り、男性が挟まれたという。

 

清掃作業は、別の男性と2人でしていたが、男性だけが給水車が動き出したことに気がついたという。

給水車は、エンジンがかかっていないと作業できず、当時ギアはニュートラルに入っていたという。

 

警察では、サイドブレーキのかかりが甘かった可能性もあるとみて、調べている。

 

出典URL
http://www.tys.co.jp/NewsDetails.aspx?CAT=News-Local

http://yab.co.jp/news/%E7%B5%A6%E6%B0%B4%E8%BB%8A%E3%81%A8%E5%A3%81%E3%81%AB%E6%8C%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E7%94%B7%E6%80%A7%E6%AD%BB%E4%BA%A1/

 

 

 

 

拍手[0回]

20146271218分にNHK岐阜から、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

628日付で朝日新聞岐阜全県版(聞蔵)からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

きょう午前6時半ごろ、垂井町府中の県道で、運転手の男性(46)が運転していた大型冷蔵冷凍車を路肩に止めて近くのコンビニエンスストアで買い物をしていたところ、車が動き出し、止めようとした男性が電柱との間に挟まれた。

男性は、駆けつけた消防署員に救出され病院に運ばれたが、胸や腹を強く打っていて、およそ1時間後に死亡した。

道路は緩やかな傾斜があったという。

消防によると、現場に到着した当時、車は鍵がささったままでエンジンがかかっていたという。
警察で、車が動き出した原因など、詳しく調べている。

 

出典URL
http://www.nhk.or.jp/lnews/gifu/3085542681.html?t=1403903757170

 

 

 

 

拍手[0回]

20146191513分にNHK NEWS WEBから、下記趣旨の記事がネット配信されていた。

6192258分に毎日新聞から、6191834分に共同通信からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

東京・中野区の都営地下鉄の駅の構内で、18日夜、下りエスカレーターを降りようとした女性が左足を巻き込まれて骨折し、後ろにいた男性も転倒して軽いけがをしていたことが分かった。
東京都交通局などは、踏み台の収納部分が、女性が持っていたスーツケースとぶつかって割れ、その隙間に足が巻き込まれたとみて調べている。


事故があったのは、東京・中野区にある都営地下鉄大江戸線の中野坂上駅で、18日午後8時ごろ、34歳のイタリア人の女性が、地下2階から地下3階に向かうエスカレーターを降りようとした際に左足を巻き込まれて転倒し、そのはずみで後ろにいた31歳の男性も転倒した。

消防などによると、2人とも病院に運ばれ、女性が左足を骨折する大けがをしたほか、男性も右足に軽いけがをしたという。

 

都交通局によると、女性は自分の後方のステップにスーツケースを置き、後ろ向きになってエスカレーターに乗っていた。

エスカレーターの踏み台が収納される部分に設置された、巻き込みを防ぐくし状のプラスチック製カバープレートの一部が割れており、この部分に足を挟まれた。


交通局などでは、プレートが、女性が持っていたスーツケースの車輪とぶつかって割れ、その隙間に女性の足が巻き込まれたのが事故の原因とみて調べている

 

出典URL

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140619/k10015344371000.html

http://mainichi.jp/select/news/20140620k0000m040128000c.html

http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061901001555.html

 

 

620日付で朝日新聞(聞蔵)からも、同趣旨の記事がネット配信されていた。

 

都によると、エスカレーターのステップが床下に潜り込む箇所のプラスチックカバーがスーツケースに当たって壊れた可能性があるという。

 

ステップと床の隙間は通常1mmほどしかないが、カバーが壊れて床の一部が浮き上がり、足が挟まれた可能性がある。

 

 

 

(ブログ者コメント)

 

手荷物などが原因となったエスカレーターでの人身事故は、たまに発生している。

本ブログでは、以下を紹介済。

 

201324日掲載

[昔の事例の顛末] 2013424日 JR秋葉原駅でエスカレーターの手すりに指を挟まれ9人が重軽傷を負った事故は、直前の利用者が木材を側面に立てかけたことが原因

http://anzendaiichi.blog.shinobi.jp/Entry/3629/

 

20111226日掲載

20111221日 JR武蔵溝ノ口駅でエスカレーターの手すりに捨てられていた小瓶入りの袋が原因でベルトに革手袋が巻き込まれ中指先端切断などの重傷 (修正2) 

http://anzendaiichi.blog.shinobi.jp/Entry/1153/

 

 

 

 

拍手[0回]

 カテゴリー 
 ツイッターなどへの接続 
 製造業ブログランキングへの接続 
下記をクリックすれば、2種類の製造業ブログランキングにつながります
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
 最新コメント 
[08/24 権兵衛]
[08/19 shizuku]
[06/12 ぽこ]
[06/12 森本 厚吉]
[05/13 ※無記名]
[05/08 森本 厚吉]
[05/08 森本 厚吉]
[04/05 gaji]
[03/13 ※無記名]
[02/08 森本 厚吉]
 最新トラックバック 
 バーコード 
 カウンター 
 アクセス解析 
 通信欄 
問合せ、質問、相談などあれば、こちらから。
Powered by NINJA TOOLS
 プロフィール 
HN:
魚田慎二
性別:
男性
職業:
労働安全コンサルタント
自己紹介:
千葉県市原市在住

石油化学系の会社に勤務し、製造現場で安全に関する実務に従事すること、約20年。
その間、安全活動の推進、安全基準の制定、事故原因究明と再発防止策の立案などを担当しました。
また、それらの業務を通じ、火災爆発防止、静電気、粉じん爆発、ヒューマンエラー防止などに関する様々な知識を得ました。

現在は労働安全コンサルタントとして、安全に関する啓蒙、教育、講演、現場指導などに取り組んでいます。
2012年度からは、千葉科学大学講師として「企業安全」科目を担当しています。

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]スマートフォン 転職 支援